交通安全アドバイザー

交通安全アドバイザーとは

令和元年中における全国の交通事故死者数は 3,215人(前年比マイナス317人)で、3年連続で戦後最少を更新しました。

一方、三重県内においては、交通事故死者数は75人で、統計が残る昭和29年以降最少となりました。

また、全死者数のうち高齢者の死者が42人と前年と比べ15人減少しましたが5割以上を占めており、交通弱者(歩行中、自転車乗用中)は30人で4割を占め、交通事故情勢は依然として厳しい交通状況にあります。

交通死亡事故の抑止を図るためには、最近の交通情勢に即した交通安全教育の実施が必要不可欠と考えられます。

 

そこで、三重県交通安全協会では、交通安全県民力向上事業として交通安全アドバイザーによる「参加・体験・実践型」の交通安全教育を幼児・児童及び高齢者をはじめ、交通弱者といわれる歩行者や自転車利用者のほか、日本の交通社会に不慣れな外国人も対象にして推進しております。

交通安全アドバイザーの活動

交通安全アドバイザーは、適正な交通の方法及び交通事故防止への県民の皆様のご理解を一層深めていただくために県内全域において、次のような交通安全教育活動を実施しています。

  1. 幼児・児童、高齢者等に対する交通安全教育
     ※幼児・児童、高齢者等の「等」とは、身体障害者、幼児及び児童の保護者、外国人をいう
  2. 特に交通弱者(歩行者、自転車利用者)に対する交通安全教育
  3. 全ての座席におけるシートベルトの着用を促進するための交通安全教育
  4. 幼児等の保護者に対するチャイルドシート取付け指導
  5. 外国人に対する交通安全教育
  6. その他、交通事故の発生状況に基づき、その対象等に対する交通安全教育
活動期間
令和2年4月1日から令和3年3月31日まで
指導員人員
交通安全アドバイザー2人
活動日時
水・金曜日の8:30~17:15
※祝日、年末年始は休みとさせていただいております。
※その他の活動日時についてはお問い合わせください。
活動地域
三重県下全域

 

 

安全アドバイザーの派遣要請方法

こちらの内容はPDFファイルでもご覧いただけます。

最初に交通安全協会アドバイザー派遣要請希望日をお電話(TEL: 059-228-9636)でご確認ください。

その後、別紙派遣要請書(様式第1)の必要事項を記入していただきFAXをしてください。

派遣要請書をFAX受信後、折り返し電話にて内容の確認、日程、事前打ち合わせ調整を行います。

交通安全アドバイザーの人数、活動日には限りがありますので、既に派遣要請が入っていますと、ご希望の日程に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

また、実施に際しては、関係者の方々にもご協力いただき進めることとしていますのでよろしくお願いします。

派遣要領

*派遣人数は、内容、対象人数によりその都度決定します。

*派遣依頼は、最低でも2週間前までにお願いします。

*事前打合せの内容と当日の実施内容に変更がないようお願いします。

 変更の際は必ず事前にご連絡願います。

*実施場所が屋外の場合は、雨天時対策を必ず検討頂き、要請書に記載してください。

*指導内容と時間の目安

  • 講話(約10分~15分)
  • VTR(約15分~25分)
  • 歩行指導(20名 約30分)
  • 自転車の乗り方指導・安全走行コース(20名 自転車10台 約30分)

が目安となります。

*自転車実技指導の場合、自転車は各自でご用意ください。

お問い合わせ先

〒514-0004 津市栄町一丁目 954 (三重県栄町庁舎内)

(一財)三重県交通安全協会

安全対策課 交通安全教育係
TEL 059-228-9636  FAX 059-224-0365

電話をかける